ホーム > 鈑金・塗装 > サンエー自動車工業の機器紹介

サンエー自動車工業の機器紹介

YSI-25D Ver.3
特徴
  • パソコンとの連動で溶接品質管理が可能
  • ハイテン材に完全対応
  • MAX10,000A超の高出力
  • 最大加圧力4,500N、YA-9標準装備
  • 第三世代QCプログラムを搭載
  • 自動車メーカー標準仕様16φシャンク&キャップチップを標準装備
  • 自動加圧調整機能搭載

母材の板厚をセレクトすれば理想の溶接条件を設定・表示。後は通電中にシーケンスして、通電補正する電流自動補正回路により、環境に左右されず常に設定値を通電します。

 

規定の設定電流値に達しない溶接不良をアラームで警告。更に状態をデジタル点滅により表示します。

自動加圧調整機能

従来機で行っていた空厚し自治の加圧手動設定は必要ありません。
板圧を選択するだけで電空レギュレータにより自動的に加圧を調整します。

・調整値をリアルタイムに空圧制御

・制御された実際の空圧値を表示

従来機で行っていた空気指示値の加圧手動設定は必要ありません。
板厚を選択するだけで電空レギュレーターにより自動的に加圧を調整します。

20D Ver.2  intelligent TACTIS QC Ver.2

YSI-20D Ver.2の主な特徴
  • 高張力鋼板のパネル交換に必要十分なパワー(8,500A・350daN)
  • 溶接条件の設定は、信頼の“Ver.2プログラム”で溶接強度を担保
  • 空冷並みの軽量、コンパクトなボディは、移動に収納に威力を発揮
  • 乗車用クウォーターパネル打点数程度に十分な使用率を確保
  • 冷却は、溶接品質と耐久性を重視し、溶接ガンとインバーターユニットのみを水冷、取り回しを重視した二次側ケーブルは強制空冷とし、操作性と使い勝手は抜群

最大電流値8,500Aと溶接条件設定プログラムで、的確な溶接強度を確保!

電子頭脳を持ったQC“インテリジェントQCプログラム”を搭載!

母材の板厚をセレクトすれば理想の溶接条件を設定・表示。
後は通電中にシーケンスして通電補正する電流自動補正回路により、環境に左右されず常に設定値を通電します。

 

溶接不良を監視・警告し、状態を表示。
既定の設定電流値に達しない溶接不良をアラームで警告、更に状態をデジタル点滅により表示します。

 

溶接波形
溶接用とに応じて最適な四つの電流波形を用意しました。

  • 低コストな水冷システムの採用で、本体のコストを抑えました。
  • 常にフレッシュな冷却水を取り込めますので、冷却効果は抜群です。

高加圧、工業規格準拠の電極と水冷により、理想の溶接品質を確保!

  • 通常加圧力350daN、最大加圧力450daN(※1,2)であらゆる鋼板に対応。
  • 従来比同等の重量にてエア入力比61%の加圧力UP。
  • 通電部分の約9割を水冷し、さらに使用率を高めました。
  • 工業規格準拠電極で、新車時のナゲットを忠実に再現。

※1 入力エア厚0.9MPa
※2 高加圧対応アームに交換時

 

好評のEasy Set up System(PAT.P)を水冷用にアレンジ!

One-touch and Go!流れ2流れ3流れ4流れ5

水冷ガン最大のネックだったアーム交換が「早い」。
しかも簡単!水漏れ無し!!※3

アーム交換開始。カブラはワンタッチで外せ、水漏れ無し!※3

 

アームを固定しているレバーを緩めます。

 

アームを45度回して引き抜くだけ!一切の工具不要!!

     

Uアームを差し込み、レバーを締め込み。

 

水の経路を確保して作業終了。この間僅か8秒!※4

     

※3 カブラ内部に残った液体が水滴程度に落ちることがあります。
※4 完了時間はあくまで目安です。要領等により多少異なります。

専用水冷ユニット使用で、循環水冷使用で作業ができます。溶接機の登場頻度が高い方にお勧めします。

<t1.0 980Mpa級 超高張力鋼板を各条件にてInstron 1123 引張試験機にて引張せん断試験>

①溶接条件を整え、工業規格準拠チップにて溶接
殆ど伸びが無く、合格基準点を超える。破断点ではナゲットをもぎ取るような形で一気に破断。
②加圧力と電流値が足りないため、通電時間を極端に長くし、チップ先端面積を規定以下に細くして溶接
ナゲット周りが軟化し、その部分で伸びが生じる。破断点ではナゲット周りで亀裂を生じた。合格基準点には到達せず。
③電流値は大きいが、充分な加圧力が取れなかった溶接
ナゲットの部分で完全に溶融していない。合格基準点には遥か届かず剥離。溶接不良。

結論:今までの軟鋼のスポット溶接では既定の電流値及び加圧力が無くても通電時間を延ばすことによってある程度はごまかしが効いた。しかし高張力鋼板に関しては規定の溶接条件を整えなければ充分な強度を得ることは出来ない。
従って、既定のパフォーマンスと溶接条件の設定こそが唯一、高張力鋼の溶接施工方法といえる。

 

電流値 :4000A
加圧力 :100daN
通電時間:0.38sec

電流値 :4000A
加圧力 :200daN
通電時間:0.38sec

電流値 :7000A
加圧力 :200daN
通電時間:0.38sec

YSI-20D Ver2 諸元表